スポンサーリンク

タイ語のプライベートレッスンでは発音を練習しよう(2)母音

今日は昨日の続きで発音の練習についてです。

スポンサーリンク

母音の練習

日本語の母音は大きく分けると、「あいうえお」の5つですが、タイ語は

123456789
-า-ี-ู-ืเ-อเ-แ-โ--อ
aaiiuuɯɯəəeeӕӕooɔɔ
あーいーうーうーうーえーえーおーおー

の9つです。

そして、この9つの音は日本語で書くと同じ音の物がありますね。「ウー」が3つ、「エー」が2つ、「オー」が2つです。日本語で書くと同じ音ですが、タイ語ではそれぞれ違う音です。日本人が聞くと「ウー」に聴こえる3つの音もタイ人にとっては「ア」と「イ」くらい違う音なのです。

似ているとさえ思っていません。ですので間違えたりあやふやな発音をすれば、きいていたタイ人は混乱してしまいます。「アメ」と「イメ」言い間違えたら意味通じませんよね。

 

ではどうやって発音するのか、口の形と舌の位置を覚えれば綺麗な発音ができます。口を楽器だと思いましょう。

1つ目の「アー」

日本語の「アー」と同じです。

2つ目の「イー」

日本語の「イー」と同じです。

3つ目の「ウー」

は口をすぼめて前に突き出して「ウー」と言いましょう

4つ目の「ウー」

は口を横に開いて「イー」という時と同じ口の形にして、無理やり「ウー」と言ってみてください。へんな感じの「ウー」が聞こえてきますね。これが4つ目の「ウー」です。

5つ目の「ウー」

は半開きにして舌先を少しした前歯の後ろにつけて無理やり「ウー」と言ってみてください。これも先ほとどは違ったへんな感じの「ウー」が聞こえてきますね。これが5つ目の「ウー」になります人によっては「アー」と聞こえるかも知れません。

これは「アー」と「ウー」の間のような母音で曖昧母音と呼ばれるものです。英語のBrotherの末尾erと同じ音です。タイ人は時々この音だけで返事をしますが、これはあまり丁寧な返事ではなくぶっきらぼうな返事です。

6つ目の「エー」

ですが、これは本にはよく口を小さく広げて「エー」といえば良いという説明がされています。ただし私の場合はその方法で正確に発音できませんでした。

試行錯誤を繰り返したところ、口の大きさは関係なく舌先を少し下顎から浮かせて「エー」という事で正確に発音できるようになりました。そもそも舌先を少し浮かせると大きく口を広げる事もできませんので自動的に口は小さく開く事になります。

7つ目の「エー」

舌先を下前歯の後ろにつけて日本語で「エー」と言います。

8つ目の「オー」

口をすぼめて前に突き出して「オー」と言います。ちょっと変な感じの「オー」という音になりますが、これが8つ目の「オー」という音です。

9つ目の「オー」

口を日本語の「オー」より少し大きめに広げて「オー」と言います。

 

以上9つの母音の発音を正しく発音できるように何度も先生に聞いてもらいましょう。口の形と舌の位置で音が決まります。先生に完璧だと言われるまで先生の前で試行錯誤しましょう。

練習の際は「アーーーーー」というふうに長めの音で練習しましょう。短い小さな声でごまかしても練習になりません。大きな声で長い音を出せば、ごまかせません、正しい口の形と舌の位置であれば、長い音でも正確に発音できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました