スポンサーリンク

発音講座1:声調5種類

タイ語の発音

 

今回まずは第一回目という事で、「声調(せいちょう)」という日本語にはない発音の要素を説明します。これは非常に大事な要素なので完璧にマスターする必要があります。

声調を間違えると全く違う意味の言葉になってしまうため間違えるわけにはいきません。

日本語にはない要素ですので、初めは戸惑うかもしれませんが、そんなに難しいものではありません。慣れれば簡単です。

しっかりマスターしてください。

 

スポンサーリンク

声調とは何なのか?

タイ語は声調を用いる言語で、数ある声調言語の1つです。

では声調(せいちょう)とは何なのか?

声調(せいちょう)、またはトーン(英語 Tone)とは、言語において意味の区別に用いる音の高低のパターンである。 Wikipediaより引用

とあります。

声調言語と言えば中国語が有名で、中国語の声調を四声(しせい)と呼びます。ベトナム語には6種類の声調があります。

そしてタイ語には5種類の声調があります。

 

タイ語では声調の事を วรรณยุกต์ (wannayúk: ワンナユック) と言います。

 

タイ語の声調の声調は5種類

タイ語の声調(音の高低)を図に表しました。

図にはしてみましたが、実際に音を聴きながら図を見ないとピンとこないと思います。

音に関しては動画を見て確認してください。

 

声調には順番がある

タイ語の声調は5種類あるという事は説明しましたが、この5種類には順番があります。

タイ語でも1番の音、2番の音、、、という風な呼び方をしますので順番も重要です。

 

声調の表記方法

5種類の声調を毎回日本語で説明したり、「第一声調」「第二声調」と呼んでも非常にわかりにくいため、日本人問わずタイ語学習者は声調を表す際は声調記号を使っています。

多くのタイ語学習者はタイ文字を勉強する際に、ローマ字に似た発音記号として使います。どのような表記法を使うかは本によって違いますが、発音記号に関してはおおむね統一されています。

詳しくは下記の記事に任せます。

 

タイ文字を勉強すると、文字を見ただけで、どの声調を使って発音する言葉かが分かります。

タイ文字の上に声調文字が書いてあるためです。

 

残念ながら、いろいろなルールがあるため、初学者は一見してどの声調を使っているか文字を見ただけで読み解くのは不可能です。

このためまずタイ文字を声調記号に直してそれを正しく発音する練習をしていく事になります。

 

細かい表記方法に関してはタイ文字を勉強してからとなりますが、まずは声調には5種類があり、それらの音の抑揚をきっちり頭に、舌に、口に慣れさせ染み込ませましょう。

 

動画での解説

だいさん
だいさん

声調は「マー・マー・マー・マー・マー」の音の抑揚をしっかり覚えてください。

字にすると意味不明ですが、実際の音に関しては動画を用意していますのでぜひご覧ください。

 

2020年2月収録分↑

 

2018年10月収録分↑

 

2回も同じような内容で動画を作ってた事に後で気づきました。

とても大事な所なのでしっかりマスターしましょう!

 

以上、「発音講座1:声調5種類」でした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました