スポンサーリンク

発音入門講座:まえがき

タイ語発音入門

タイ語を少し勉強した後に、実際にタイ人に話してみても全く通じず、落胆して勉強を挫折してしまったという話も聞いた事があります。

そう、タイ語の発音は日本人にとって非常にむつかしいのです。

通じない原因、つまり難しいと言われる原因を大きく分けると以下の4つになります。

1. 日本語には無い「声調」という概念がある。
2. 日本語に無い真正母音の発音が4つある。
3. 日本語に無い子音の発音が多数ある。
4. 日本には無い「末子音」という子音がある。

これら全ての項目に共通しているのが「日本語に無い」という言葉です。

 

われわれ日本人は言葉や音を聴くと、それを理解するために、どうしてもそれを日本語の音に変換してしまいます。

牛の鳴き声はモーモー。犬の鳴き声はワンワン等々。

ブルー
ブルー

ガオー

とにかく全て日本語の文字にしてしまいます。

 

タイ語の単語を聞いた時も同じように、日本語の文字に変換してしまいます。

しかしそれをそのまま発音していたのでは、いつまで経っても日本語のような音のタイ語を話す事になります。つまり通じないタイ語から脱却できないという事です。

タイ語にあって日本語にない概念や音を学び、正しく発音できるようになれば、おのずと通じるタイ語が話せるようになるのです。

 

スポンサーリンク

発音記号を使っています

上記でも述べたように、タイ語の音には日本語にない音や概念があり、日本語での発音表記には限界があります。

このため発音の表記には発音記号を使っています。

タイスタディでは、発音記号はタイ文字入門講座を行ってもらう事で自然と身につくようにしています。タイ文字を勉強せずに発音講座を進めてみて、もし行き詰ってしまった場合は、タイ文字入門講座も並行して進めてみて下さい。

会話のために発音だけ習得するのは、よほど耳が良いか、もしくはタイ語以外に外国語の発音をマスターしている方でなければ、非常にむつかしいものとなります。

文字の勉強も同時並行して進めるのをお勧めします。

 

各項には動画を添付しています

この発音講座では、正しい発音ができるように日本語との違いを細かく解説していきます。

しかし、「発音」を勉強するためには、どうしても文字だけの説明には限界があります。そこで、文字での説明を補足するため、全ての項の最後に動画を張り付けています。

ぜひそちらも参考にしてください。

 

この講座が目指すのは中途半端に通じるタイ語ではなく、タイ人と間違われるような発音です。

到達できるかはまた別の話ですが目標は大きく掲げています。

だいさん
だいさん

では、はりきって参りましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました