スポンサーリンク

はじめに。タイ語マスターまでのロードマップと、まず何から勉強すべきかを解説します。

タイ語

 

このページに来られたという事は「タイ語で会話したい。タイ語を使えるようになりたい!」と思って見ていただけたのかと思います。

そうです。

このページはタイ語マスターまでの道のりをサポートするために作りました。

まずはタイ語をマスターするまでのロードマップを作りましたのでご覧いただければと思います。

初めてタイ語を勉強する人は、どんな感じでタイ語能力が向上していくのか見て実感できるのではないかと思います。

だいさん
だいさん

なんか、これこそ真理だみたいな感じで、それっぽく書いてますが、あくまで私の個人的な考えである事をご了承ください^^

スポンサーリンク

タイ語マスターまでのロードマップ

 

タイ語ロードマップ

↑クリックで拡大できます。

 

もしもあなたが、全くタイ語を知らない状態、例えば

  • タイへの駐在が決まったのでちょっとくらいタイ語を勉強しようかな
  • 夫がタイへの赴任が決まったのでついていくことにした
  • 日本でタイ人と知り合ったんだけど、タイ人同士が何を話してるか知りたくなった
  • タイ旅行に行ってタイが気に入った

というような人はまず一番右上の「簡単な挨拶や会話」を覚えてください。

ここで完璧を目指す必要はなく、カタカナタイ語で構いません。

次に

  • タイに一年には1年に何度か行ってて少しタイ語分かるよ
  • タイに住んで3か月以上たつし少しくらいタイ人と会話できるよ

というような方は早々に文字の勉強に入ってください。

 

そして会話・文字共に基礎レベルの達成を目指してください。

ようするに、

「タイ語の単語を見て、それを発音記号に変換して、発音できるようになるが、意味までは分からない事が多い。会話は簡単な挨拶ができる程度。」

というのがタイスタでのタイ語基礎終了レベルとしています。

だいさん
だいさん

発音記号を覚えることに抵抗がある方もいますが、これは残念ながら必須と考えます。カタカナ表記はできるだけ早く卒業しましょう!

 

すでにタイ語を少しでも勉強された事がある方、何度もタイ旅行をして挨拶や買い物がタイ語でなんとかできているレベル以上の方は、すぐに文字の勉強の方に入って下さい。

ブルー
ブルー

でも、あのクネクネした文字。難しそうなんだよね、、、。

だいさん
だいさん

そうだね。でも難しそうに見えるだけで、実はそんなに難しくないんだよ。文字数も少ないしね!

文字の勉強に抵抗のある方、難しそうで尻込みされる方もいるかもしれませんが、正しい発音が必要な会話と違い非常に簡単です。

一人でいつでもスタートできますので早々にタイ文字の勉強に入りましょう。

だいさん
だいさん

タイ文字が分かるようになると世界が変わりますよ!

文字を覚えよう

 

だいさん
だいさん

日本人がタイ語を勉強するのなら、早々に文字の勉強を始めるべきだというのが私の持論です。

蛇がのたくったような文字」などと言われることもあるタイ文字ですが、まずタイ文字として覚えるタイ語の子音文字と呼ばれる42字しかなくありません。

また世界すべての言語をコンピュータ上で扱うために生み出された、ユニコード(Unicode)というデータを見てもタイ語固有の文字記号として登録されているものは全部で87となっていました。

ようするに多くともこの87個の形を覚えてしまえば良いという事になります。

 

タイ語ユニコード表

↑クリックで拡大できます。

 

日本語を覚える外国人は「ひらがな・カタカタ」を覚えるだけですでに46X2の92文字。

日常で読み書きするためには常用漢字約2,000字と、それぞれの音読み訓読みを覚えなくてはならない事を考えたら本当に楽に文字を覚える事ができるのです。

ブルー
ブルー

日本語の勉強をイチからするのは、ホントに難しそうだね、、。

タイ文字は日本語をローマ字で書いたような表現方法で表し、例外はあるものの基本的には書いてあるものをそのまま読む事ができます。

英語や漢字のように、同じ文字でも読み方が変わるというような事がないのも非常に学習を楽にさせてくれます。

 

例えば、
「E」という英語は「East」と「End」では発音が違います。
「生」という漢字は「セイ」「ショウ」「イきる」「ウむ」等々、地名人名を合わせると100以上の読み方ができるそうです。

 

ブルー
ブルー

たしかに、あんまり考えたことなかったけど、英語は同じ文字でもいくつか読み方があるね!

こう考えれば、タイ文字習得がいかに簡単か良く分かったと思います。

 

どうして早めに文字の勉強が必要なのか?

 

これはすべての外国語の習得に当てはまると言っているわけではない事をまずご了承ください。

日本人がタイ語を勉強するにあたっては、早めに文字を勉強したほうが良いという自論です。

だいさん
だいさん

理由は3つです!

1. タイ語の発音が日本人にとって、とても難しいから

 

日本語が母国語の日本人が、タイ人の言った言葉を聞いてそれを真似して話してもタイ人から「ハァ?」と聞き返されることが多々あります。

ブルー
ブルー

「タイ語あるある」だね!

これが結構、心に響きます。

そう、、、

会話重視で勉強を進めると心が折られかねません。

タイ語には日本語にない音が多く、日本語にはない声調という概念があるためです。

これらをほんの少しの間違えただけで、タイ人には全く違う音に聞こえるため会話が成り立ちません。

日本人的には似ているであろう発音の違う2つの音を、タイ人に音読してもらって、集中して聞いても全く違いが判らないほどです。

だいさん
だいさん

これは発音する時の舌の位置や口の開き方なんかを覚えて、正しく発音できるようになれば、だんだん違いも聞き取れるようになってきますよ!

 

2. タイ文字は読み方が限られていて、発音勉強の助けになるから

 

タイ文字は英語や漢字のように、同じ文字でも行く通りも読み方があるという事がありません。

タイ文字を覚えれば日本人が聞き分けられない似た音でも、タイ文字では違う書き方をするため、「違う」という事を理解する事ができるようになるためです。

だいさん
だいさん

「違う」という事実を理解する事が必要で、その区別に文字が役立ちます。

タイ人と会話ができるようになってくると、タイ人と会話をしている時に知らない単語が出てきても、その単語の発音を聴いただけでは、なんといっているか分からない事が良くあります。

その時にタイ語のつづりを教えてもらえば、それを元に発音ができるようになる事がしょっちゅう起こります。

これは簡単なメロディーの音楽を聞いても、絶対音感がなければその音がドレミでどの音かは分からないけれど、楽譜を見ればそのメロディーを再現できるのと同じことです。

ただし楽譜の読み方が分からなければ再現できません。

タイ文字を覚えるという事は、この楽譜の読み方を覚えるのと同じことなのです。

 

3. 実は意外と簡単で、すぐに成功体験が積めるから

 

先に書いた「タイ文字を覚えよう」でも述べましたが、タイ語固有の文字をすべて合わせても87文字しかありません。

タイ文字の読み方を覚えてしまえば、タイの街中の看板でも、タイ人のフェイスブックの投稿でもとりあえず読む事ができます。

特に看板は、文が短くタイの町中で見かけるので読めるようになってくるとモチベーションが上がるはずです。

例えばスカイトレインのナナ駅の看板。

 

blog_bts_nana_board

 

ブルー
ブルー

サタニタパイ、、、ナーナー。笑

これまではローマ字の「Nana」を見てナナ駅だと理解していたわけですが、タイ語が分かれば「นานา」を見てナナと読むことができるようになるわけです。

しかもナナじゃなくて、本当は「ナーナー」だよなぁ。なんて感想も持つことでしょう。

その他、タイにあるほとんどすべての看板が読めるようになるわけです。

これまではただの模様だった「蛇ののたくったようなウネウネ」が、突如文字としてそれを声に出して読めるようになるのです。

 

初めはたどたどしい感じでしょう。意味が分からない事も多いでしょう。変わったフォントだと読めなかったりするでしょう。

某アニメのム〇カ大佐も、指でなぞって手帳を見ながら石碑にある古代文字を呼んでいましたね!

だいさん
だいさん

読める、読めるぞ!

しかしこれは大きな進歩です。

タイの街を歩くのが楽しくなります。(たぶん!)

またタイ人の知り合いがいるならば横でタイ文字を音読してみましょう。

そのタイ人から驚きとともに称賛の声がもらえるでしょう。

 

さあタイ文字の勉強だ

 

上の説明を見てタイ文字の勉強を始めたくなりませんでしたか?

そんなあなたは、40秒で支度して、すぐにはタイ文字子音字42文字を紙に書いて、形を覚えていきましょう。

チラシの裏でもなんでも構いません。とにかくどんな形があるのか、まずは自分で書いてみる事が重要なのです。

 

次の講座「1.タイ語の子音字44字の形を覚えよう」に進む。

 

以上、「はじめに。タイ語マスターまでのロードマップと、まず何から勉強すべきかを解説しました。」でした。

コメント