スポンサーリンク

6. 中子音字と声調符号を練習しよう

タイ文字入門講座

前回のタイ文字講座「5. 中子音9つと発音記号を練習しよう」までで、長母音9つと子音2文字(กとอ)を覚えてきました。

ここまでで「中子音字9つと長母音9つ」の組み合わせはだいたい覚えたのではないかと思います。

まだ完璧ではないとしても全く問題ありません。7割覚えたら進んでください。次はこれらに加えて声調符号(声調記号)を覚えていきましょう。

声調といえば中国語の四声が有名ですが、タイ語には5つの声調があります。日本語にない要素ですので初めはむずかしく思うかもしれませんが、重要な部分ですので面倒がらずにしっかり練習しましょう。


ネット検索で直接このページに来た人はぜひ「はじめに」のページから読んでいただければと思います。

そこでは「タイ語マスターまでのロードマップ」や、「タイ語をマスターするまでに、まず何をすべきか」をまとめています。


 

だいさん
だいさん

やってまいりました。声調!

ブルー
ブルー

声調???

だいさん
だいさん

言語において意味の区別に用いる音の高低のパターンである。声調を用いる言語を声調言語(トーン言語)という。By Wikipedia

 

ブルー
ブルー

引用か!

 

文字の勉強なのに音の高低パターンを覚える必要があるのか?

と思われたかもしれません。

確かに通常声調に最も関係があるは会話です。発話と聞き取りですね。

タイ語では声調を母音文字や子音文字とは別に、符号として表記しなければなりません。このため符号が間違えていると違う言葉と認識されてしまいます。そういう意味では声調符号もれっきとしたタイ文字と言えます。

スポンサーリンク

タイ語の声調

タイ語の声調には5種類あり、図で記すとこんな感じになります。

ブルー
ブルー

正直言って良く分からないなぁ。。。

だいさん
だいさん

確かに日本語にない要素だから難しいかも。。このあたりは文章で説明するより音声での説明が分かりやすいよ。

 

例えば日本語で「かー」と書いてあっても、この「かー」にはどんな音の抑揚がついているのか日本語では表すことができません。

正式な日本語ではありませんが、表現の方法として「かー」ではなく、「か~」と書かれると何か抑揚があるんだろうなという事は想像できますが、それがどういう抑揚なのかは想像するしかない状態です。

どうしても文字であらわすならば「かー(低い音からしり上がりに高い音にしながら)」と注意書きするしかありません。

その点タイ語は同じ「かー」でも5種類の音の高低を「 กา ก่า ก้า ก๊า ก๋า 」と文字であらわすことが出来ます。

だいさん
だいさん

この กา ก่า ก้า ก๊า ก๋า の内 ก の上についているマークが声調符号(声調記号)と呼ばれるものですね。

ブルー
ブルー

タイ語、すごい!

 

声調符号の種類4つ

 

これはタイ文字講座第2回の2. 母音、声調符号、タイ数字でも出てきましたが下記の4つになります。

 

Thai_tones

一番左のกの上には声調符号はありませんが、その右側から順に声調符号の事をタイ語で

1. ไม้เอก (mái ʔèek): 第一声調符号
2. ไม้โท (mái thoo): 第二声調符号
3. ไม้ตรี (mái trii): 第三声調符号
4. ไม้จัตวา (mái càttawaa): 第四声調符号

と言います。

また、見ての通り声調符号は子音の上に記入され、母音の上には付きません。

このためกา่という文字はあり得ません。

子音の上に母音がある場合、例えば กือ とか เกีย みたいな場合は、母音のさらにその上に記載されて กื้อ とか เกี๊ย という風になります。

ブルー
ブルー

文字の上や下についてる印は、母音や声調符号だったんだね。

声調のルール

まずはこれまで覚えた中子音9つとと長母音9つで考えていきましょう。

これらの組み合わせでは声調符号と声調(音の抑揚)の関係は、先ほど示した図の通りになります。

中子音の上に何も声調符号がつかなければ、例えば「กา」というタイ語であれば、これまで勉強してきたようにkaaという発音記号になります。もし声に出して読む場合は音の抑揚は特にない「カー」です。

次に、もしกาではなくก่าであったならkaaではなくkàaとなります。声に出して読むなら少し低めのところからさらに低い音で「カー」です。

発音記号に声調記号を追記しないと、発音記号からはその単語がどんな声調なのかが分からなくなってしまいます。なお発音記号では子音の上ではなく、母音の上に発音記号を書き込むことにも注意しましょう。

どこにでも書いて良いと言う訳ではありません。

ก่าであれば発音記号はkaaの1つ目の母音の上に「\」を書いてkàaとなります。

 

だいさん
だいさん

分かった?

ブルー
ブルー

分かったような、分からないような、、、。

あまりピンとこない方もいらっしゃると思います。

私もなかなか理解ができませんでした。

しかし、練習すれば次第にしっくりくると思いますので、あきらめずに練習をこなしましょう。

ちがう形でまとめると下記のようにもなります。

ブルー
ブルー

促音節を除く?

だいさん
だいさん

促音節(そくおんせつ)というのは、次回勉強するからここでは特に気にしないでね。

動画で解説

今回は「声調」という声の高低、抑揚に関するところですので、どうしても文字でお伝えするのには限界があります。

「タイ文字入門講座」ではあるのですが、発音を実際に音で聞くことで、より理解が深まると思いますので、動画で解説したページも添付しておきます。

宜しければ参考にしてみて下さい。

 

声調符号と中子音字9つの練習

今回は簡単なので200問でドリルを作りました。

どうぞダウンロードして印刷して書き込んでください。

ドリルの使い方

タイ文字には発音記号を、発音記号にはタイ文字をこれまで勉強してきたことを参考に書き込んでください。

思い出せないところや分からないところは、空白のままで進むのではなく、発音記号の表を答えを見て、正解を埋めながら進んでください。

ここで完璧にする必要はありません。次以降も復讐を兼ねて同じ問題を出して、実際に書き込んでいく過程で記憶が定着するように進めていきます。

なお「中子音9つ」の練習時同様、発音記号からタイ文字に直す際のdの音はではなくを、tの音はではなくを使ってください。

「タイ文字入門講座 – 中子音と長母音と声調の練習」をダウンロード
Renshu_Chushiin_Seicho_v1_0(88KB)
「タイ文字入門講座 – 中子音と長母音と声調の解答」をダウンロード
Kotae_Chuchiin_Seicho_ver1_0(91KB)

次は余剰母音と二重母音を練習していきましょう

ここまでで、長母音9つと長母音9つ、そして声調符号を覚えてきました。

どんどん練習していきましょう!

次のページへ →→→ 7. 符号母音と余剰母音を練習しよう

 

以上、「6. 中子音字と声調符号」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました