スポンサーリンク

1. タイ語の子音字44文字の形を覚えよう。タイスタ特製、書き順付きの無料練習帳付き。

ネット検索で直接このページに来た人はぜひ「はじめに」のページから読んでいただければと思います。

そこでは「タイ語マスターまでのロードマップ」や、「タイ語をマスターするまでに、まず何をすべきか」をまとめています。


 

だいさん
だいさん

じゃあ、早速タイ語文字の勉強を始めましょう!

ブルー
ブルー

でも、何から勉強すれば良いのかなぁ?

だいさん
だいさん

それは、そうだよね!じゃあまずは、この3つを目標に進めようね!

1. タイ語の子音文字の形に慣れる
2. 子音文字44文字は順番が決まっていると覚える
3. 子音字1字1字の文字を説明するために、決まった名詞がセットになっていると覚える

 

タイ文字の勉強を始めて初めに覚えるのが子音字44文字です。

「コー・カイの表」と言えば、頭に浮かぶ方もいらっしゃるかも知れません。

タイ語だと พยัญชนะไทย 44 ตัว (phayanchaná thai sìi sìp sìi tua)と言いますが、これはタイ人にとっても非常になじみがある表で、みんなこの表からタイ語を覚えていきます。

 

だいさん
だいさん

まずはそれぞれの文字と「なじみ」にならないといけないね!

blog_Kokai_chinatown

 

写真のコーカイの表はいろんな絵が描いてありますが、これは1文字1文字に代表的な名詞が割り当ててあるためです。

だいさん
だいさん

この写真はタイの中華街で撮ったんだよ。足つぼや体操のポスターと一緒に並んでた売ってたよ。

コーカイ露店販売2

ブルー
ブルー

僕も欲しいなぁ。

だいさん
だいさん

この前エムクオーティエの紀伊国屋に行ったら売ってたよ!タイ語勉強本のコーナーに丸めて置いてあったね。他の日系書店でも売ってるかもね。

タイ人の子供向けの物はタイの書店で販売されていることが多いです。

 

この表ですが、日本語でいうところの、アリの「あ」、イモの「い」みたいな感じでしょうか。

日本語の場合は特に言葉は決まっていないので、雨の「あ」でも、足の「あ」でも、なんでも良いわけです。

ブルー
ブルー

クマの「ク」

英語でもアルファベットを間違いなく説明するときにA: America、B: Boy、なんて言って説明しますよね。

タイ語の場合はそれぞれの文字に割り当てられている名詞が決まっていて、みんな同じ名詞で覚えています。

また、このおかげで、文字を説明する際、非常に意思疎通がとりやすくなっています。

 

まずはこの44文字を、書いて書いて書いて、目に、手に、頭に、こんな形の文字があるんだという事をなじませていくところから始めます。

 

だいさん
だいさん

とにかく書くべし!

スポンサーリンク

タイ語の子音文字44文字の表

 

いきなり書け書けと言われても、まずはお手本が必要ですね。

どうやって書けば良いのか、書き順だってわかりません。

という事でまずは下記に子音文字44文字の表を載せます。

コーカイの表自作

絵がないので、ちょっとそっけない感じなんですが、これが廃字の2文字を含めた子音字44文字です。

だいさん
だいさん

ごめんなさい。絵をかくのが面倒だったんです。笑

廃字というのは昔使われていたけれど、すでに使われなくなった古い文字です。

ひらがなでいうと「」や「」と同等の扱いといえば分かりやすいでしょう。

ブルー
ブルー

もう使わないのなら、もう省いちゃっても良いんじゃないの?

だいさん
だいさん

確かにそういうポスターもあるね。

ただ、先ほどの露店で売っていたコーカイの表の写真もよく見ると廃字を含めた全44文字が掲載されいます。

廃字の2文字があるという事は、知っていて損はないのでこの表にも加えています。

また子音字には「中子音・高子音・低子音(対応字)・低子音(単独字)」という分類がそれがとても重要なのですが、それはおいおい覚えていくことになります。

 

だいさん
だいさん

とにかく、まずは慣れていこう!

1. タイ語の子音文字の形に慣れる
2. 子音文字44文字は順番が決まっていると覚える
3. 子音字1字1字の文字を説明するために、決まった名詞がセットになっていると覚える

を目標として、今のところ「へぇ~、そうなんだ」と忘れてもいいやという感じで頭に一度入れておけばそれで構いません。

 

タイ語子音字44文字の歌を聞いてみよう

タイ語子音文字の歌には、リズムがついたものがいくつかのバージョンがあるのですが、今回は元もシンプルなリズムなしバージョンの動画があったので添付しておきます。

だいさん
だいさん

とりあえず一度くらいは聞いておきましょう。

全部で2分38秒の動画なので大して長くもありません。

 

ブルー
ブルー

コー・カイ、コー・カイ、コー・クワット、コー・クワーイ、、、

タイ語の子音文字44文字の書き順

下にタイ語の書き順を解説した画像を添付します。

赤い点のところから書きはじめましょう。

ただし一筆書きで書けない文字に関しては赤丸が2つあり、どちらの赤丸から書き始めれば良いかわかるように①と②のマークをつけています。

子音書き順1

タイ語子音字44文字の書き順1

 

子音書き順2

タイ語子音字44文字の書き順2

 

拡大してみたい人のためにクリックすると拡大できるように作りました。

下のリンクよりPDFをダウンロードしてお使いいただく事もできます。

タイ語の子音文字44文字練習をダウンロードする。→ thai_shiin_44_v2.pdf (736KB)

*「thai_shiin_44.pdf (2.22MB)」に間違いがあるとコメント頂き、2018年20月17日に間違いを修正した「thai_shiin_44_v2.pdf」に差し替えました。

 

44文字中「ひとふでがき」で書けるのが39文字。2ふでに分かれるのが5文字しかありません。

基本的に文字の中の丸(まる)があるところから、丸を作りながら書き始めるものがほとんどで、まるがないのは「」と「」の2文字しかありません

ブルー
ブルー

うーん。書き順がもっと分かりやすいと良いんだけど、、。

だいさん
だいさん

書き順が乗っている動画があったから載せておくね!

下の動画を一度、通しで良ておきましょう。

タイ人の子供向けの動画で、コーカイの音声付きで書き順も非常に分かりやすい動画です。

7分39秒と、ちょっと長めの動画で、5分15秒まではそれぞれの文字を読みながら書き順が見れ、そこから最後までは一文字ずつ読んでいくという動画です。

 

すぐに覚えられると思いますがが、ちょっと「アレ?」と思った時は、画像を見返せばすぐに思い出せるでしょう。

ブルー
ブルー

日本語と違って左上から書くっていう感じじゃないのね。下から上に書くとかちょっと新鮮かも。

実際に書いて練習しよう!

ここまで、どんな文字があってどんな書き順なのかという事は掲載してきましたが、実際に頭に叩き込むには実際に書いてみるのが一番です。

ここでは実際に書いて練習する方法としては下記3つを提案します。

「こんな形の文字があるんだなぁ」って思いながら書くだけで構いません。

実際にちゃんと紙の上に書けば勝手に頭に入ります。

 

1.チラシの裏やノートに書く。

上に掲載した書き順の表や動画を参考に、チラシの裏(もちろんノートでも良いです)に1文字に付き30字ずつ書きましょう。

 

2.タイスタの無料練習ノートをダウンロードして印刷して書き込む。

書き順を書いたデータを用意したので、それをダウンロードして印刷し、その紙に書いてあるタイ語をなぞってタイ文字を書きましょう。

全4枚で、A4枚に付き11文字練習できるようにしています。

とりあえず4枚は印刷してそれ以降はノートに書いても良いですし、ジャンジャン印刷できるのでしたら、3セットくらい印刷してジャンジャン書きましょう。

タイ語の子音文字44文字練習をダウンロードする。→ thai_shiin_44_v2.pdf (736KB)

*「thai_shion_44.pdf (2.22MB)」に間違いがあるとコメント頂き、2018年20月17日に間違いを修正した「thai_shion_44_v2.pdf」に差し替えました。

 

3.ドリル形式の本を買って書き込む。

正直、形を覚えるだけにお金を使うのはもったいないとも思うのですが、200~1,000円と、さほど高額でもないので、本を使った方が時間の節約になると考える忙しい人もいらっしゃる事でしょう。

自分が練習した「あかし」証しを残す事ができるので達成感があるというのは良く分かりますし、何事にも形から入りたいも人もいるかと思います。しっかり編集された本はやはり見やすく体系的に練習するのに適しています。

という事で、下記にて日本在住・タイ在住両方にそれぞれおすすめの本を紹介いたします。両本ともタイ文字の形を覚えるためだけの本と割り切って取り組んで下さい。1日~1週間で終了してしまいましょう。

だいさん
だいさん

とにかく文字の形と「なじみ」になるために書いて書いて書きまくろう!

日本で購入する場合のおすすめ書籍

このTLS出版社の「タイ文字入門」はなぞってタイ語を書く練習帳です。

楷書だけでなくタイ人の筆跡や崩した文字も練習できるという特色があります。

ただし練習帳のわりに単行本サイズで紙が固く本が開きにくく、タイ文字練習だけなのにちょっとお値段が高めだという欠点があります。

がっつり折り込んで書き込んでサクサクっと終わらせましょう。

 

タイにお住まいの方はラッキーです。

泰日経済技術振興協会のタイ文字練習帳を使いましょう価格は50バーツ(約160円)と激安でA4サイズの薄い本は書き込んでタイ文字の形を覚えてそれで終わりという潔い本です。

ただし残念ながらタイでしか正規に販売しておらず、バンコクの紀伊国屋、もしくはスクムヴィット29のソーソートーの本屋で販売しています。

また、時々アマゾンのマーケットプレイスで個人のや輸入業者の方が販売されています。

 


 

初めからあまり詰め込んだ本を買うと挫折するので、とりあえず簡単に終了でき、達成感とタイ語の形が覚えられる本をお勧めしました。

この他、タイ語のレベル別に本気でお勧めできる本は別途別のページでまとめます。

あとタイ文字入門(TLS出版社)の方にはタイ人の崩した文字の練習もありますが、そういうものもこのサイトでも紹介しますのでご安心下さい。

頑張れば1日で終わるボリュームですので購入したら、購入しただけで満足せずに、すぐに一気にやり終えましょう。ダラダラやっていると初めの方を忘れてしまったり、タンスの肥やしになりかねません。

 

その他の同様の本の紹介

おすすめ本の他にも、同様の本では下記の本が良さそうな感じでしたが、いかんせん中身を見たことがないため、自信をもっておすすめができません。

こんな本も良さそうですよという事でご紹介だけはしておきます。

他のタイ語学習者のレビューを参考にしてみるのも良いかと思います。

 

次は母音と発音記号、そしてタイ数字の練習です。

だいさん
だいさん

初めに目標とした、この3つは達成できましたか?

1. タイ語の子音文字の形に慣れる事
2. 子音文字44文字は順番が決まっていると覚える
3. 子音字1字1字の文字を説明するために、決まった名詞がセットになっていると覚える

 

ブルー
ブルー

1文字につき30回書いたよ。ฏ ฎとか ฌ ณ が紛らわしいね。それぞれの言葉は覚えてないけどセットになっているって事は理解したよ。

だいさん
だいさん

本当にきちんと書いたみたいだね!じゃあサクサク行こうか!

1.のタイ語の子音文字の形になれるは、タイ文字子音44文字の形をなんとなくでも覚えたら(1字につき30回以上紙に書いてみたら)次のページ進んでください。

次はタイ語の母音と発音記号、そしてタイ数字です。

これらは数が少なく「コー・カイの表」の下の方におまけみたいに書いてある事が多いため、このページで一緒に練習してしまっても良かったのですが、子音の復習もかねて次のページで練習してほしいためページを分けました。

 

以上、「1. タイ語の子音字44文字の形を覚えよう。タイスタ特製、書き順付きの無料練習帳付き。」でした。

コメント

  1. Omura より:

    タイ語子音文字44字の練習帳ですが、17番と18番の発音記号とカタカナが誤っているようです。

    • タイスタ より:

      ありがとうございます!早速、シレっと直しておきます。笑

      2018年10月17日追記:先ほど修正してバージョン2.0として差し替え公開しました。