スポンサーリンク

5. 中子音9つと発音記号を練習しよう

タイ文字入門

ここまでで、長母音9つと子音2文字(กとอ)を覚えてきました。

kaaをタイ語にするならกาと変換できるようになっているようなら、大丈夫です。

今回は子音を9つ覚えます。


ネット検索で直接このページに来た人はぜひ「はじめに」のページから読んでいただければと思います。

そこでは「タイ語マスターまでのロードマップ」や、「タイ語をマスターするまでに、まず何をすべきか」をまとめています。


ブルー
ブルー

ところで題名にもなってる中子音(ちゅうしいん)って何?

だいさん
だいさん

タイ語の子音42文字は中子音、低子音、高子音の3種類があるんだよ。

ブルー
ブルー

へぇ。で、どう違うの?

だいさん
だいさん

それはなかなかむつかしい質問ですなぁ。声調に関わってくるので、これは覚えるしかないんですよ。まあすぐに覚えられるよ。

 

ブルー
ブルー

なんか要領を得ないなぁ

正直いきなり中子音(ちゅうしいん)を練習しよう!とか言ってもピンとこないと思いますが、まあ特に気にせず練習していきましょう。

まず中子音となる子音は全部で9種類です。

ก จ ฎ ฏ ด ต บ ป อ
ブルー
ブルー

กとอは前回練習したんじゃない?

だいさん
だいさん

その通り!

一番左のก(kɔɔ kài)と一番右のอ(ʔɔɔ ʔàaŋ)は、前回練習したので今回覚えるの残り7つになります。

という事で今回の目標は

中子音字7つ(前回分含めると全部で9つ)を覚えて発音記号に直せるようにしよう!

です。

ブルー
ブルー

なるほどね~

スポンサーリンク

中子音字9つの説明

中子音9つを全44文字の表からみどり色に色付けしました。これからこの9つを覚えていきます。

とは言っても見ただけでは覚えられないのでガンガン書いて覚えましょう!この記事でも下の方で練習帳をダウンロードできるようにしています。

 

長母音9つと長母音を合わせてみよう!

前回は「」と「」で「กา」→「kaa」、「」と「」で「อา」→「aa」

という風にで中子音字2つと長母音9つの練習をしましたが、今回は中子音9つと長母音9つで練習します。

 

長母音9つのおさらい

  ↑ 母音に関しては前回同様長母音9つを使っていきます。

そして子音(中子音)は全部でこの9つです↑。

たとえば「」と「」で「ตา」→「taa」、「」と「เ-」で「เป」→「pee」

という風になるという事です。

9X9の、全部で81通りを覚えるという事になりますね!

 

注意点

今回は同じ発音の文字が2つある(はd、はt)ので発音記号からタイ語にする場合は、正解が2つになってしまいます。

この場合dの音はを、tの音はを使ってください。

ブルー
ブルー

なんで?じゃダメなの?カッコ良いのに

だいさん
だいさん

タイ人も発音を表記する時はdの音はを、tの音はを使うんだよ。

例えば涅槃仏で有名なワットポーのタイ語版ウィキペディアでの解説を見てみましょう。ワットポーって言うのは俗称で本当はもっと名前があるんですが、この名前にはタイ語の読み仮名が降ってありました。

 

วัดพระเชตุพนวิมลมังคลาราม (/พระ-เชด-ตุ-พน-วิ-มน-มัง-คะ-ลา-ราม/)

この右側にイタリックの書体で書いてあるのが読み仮名です。が使われていますがは出てきません。

を使う単語はを使う単語よりも圧倒的に数が少ないのもdの音はを、tの音はを使って練習する理由でもあります。

 

アドバイス

この中子音9つを覚えるための歌があります。タイ人もこの歌で記憶を補強しているという有名な歌ですので、まあこんな歌もあるんだなという事で一度聞いておきましょう。

 

01:30の動画で、00:40のところから歌が始まりますが、そもそも中子音(ตัวอักษรกลาง / tuaʔàksɔ̌ɔnklaaŋ)の説明なので全部見ても良いでしょう。

ブルー
ブルー

kài cìk dèk taai dèk taai bon pàak ʔòoŋ … どういう、意味?

だいさん
だいさん

ニワトリが水がめの口の上で、子供をつついて殺した。って意味で、まあ、そんなシチュエーションはまずないんだけど、中子音を覚えるために生まれた歌なわけなんだよ。

なおはどっちがどっちか分からなくなる人もいると思います。私は簡単な方(文字の下側のウネリが1つの文字)の「ฎ」は子音字44文字の表でも先に出てくるので、歌でも先に出てくるdの音と覚えています。dèk taaiの「D」の音の方です。

 

練習しよう

という事で前回と同様、全300問でドリルを作りました。

どうぞダウンロードして印刷して書き込んでください。

ドリルの使い方

印刷してタイ文字には発音記号を、発音記号にはタイ文字を上に書いてきた表を見ながら書き込んでください。

思い出せないところや分からないところは、空白のままで進むのではなく、発音記号の表を答えを見ながら正解を埋めながら進んでください。

なおタイ文字に直すときのdの音はを、tの音はを使ってください。

ここで完璧にする必要はありません。次以降も復讐を兼ねて同じ問題を出して、実際に書き込んでいく過程で記憶が定着するように進めていきます。

「タイ文字入門講座 – 中子音9つの練習」をダウンロード→Renshu_Chushiin9.pdf(218KB)
「タイ文字入門講座 – 中子音9つの解答」をダウンロード→Kotae_Chushiin9.pdf(588KB)

次は余剰母音と二重母音を練習していきましょう

ここまでで、長母音9つと子音9文字(中子音)を覚えてきました。

どんどん練習していきましょう!

次のページへ →→→ 6. 余剰母音と二重母音(現在作成中です。今しばらくお待ちください)

以上、「5. 中子音(ちゅうしいん)9つを練習しよう」でした。

コメント

  1. まこ より:

    はじめまして!少し前からタイ語を勉強しています。
    YouTube動画からダイさんを知り、こちらのサイトも併せて参考にさせて頂いています。
    とても分かりやすくて励みになっています。ありがとうございます!

    大変恐縮ですが、こちらのページの「タイ文字入門講座 – 中子音9つの練習」のリンク先PDFが、前ページの長母音の物になっています。
    ぜひ更新して頂ければと思いコメント致しました。

    他の講座の更新も楽しみにお待ちしています^^

  2. りょー より:

    6.はつくらないんですか?

タイトルとURLをコピーしました